医師の方が転職を検討するタイミングとはどのような時なのでしょうか。自身がそのことを考えた時に、ふと気になる疑問の1つですね。

実際に転職のタイミングというものは存在するのか

ある調査によると、医師の方で多いのは年齢が35-40歳頃とされていますが、50代、60代の方でも移られる方がある程度いらっしゃるというのが大きな特徴と言えるかもしれません。

さて、では実際にいいタイミングというものは存在するのでしょうか。

まず、一番多いのが医学部卒業後15年点程度経ったとき、臨床医として成熟し始めた頃と言えるでしょう。

この時期はある程度の経験も培われており、キャリアチェンジを考える方が増えて来る頃とされています。


希望のポジションやキャリアアップを慎重に考える

大きく舵を切る様な転職を検討するのであれば、この時期は逃したくないところです。

更に時間が過ぎてしまうと、民間病院に入りづらくなる、大学病院では主要なポジションを握ることが難しくなるなど、実にデリケートな時期と言えるでしょう。

この頃が一番自身の要望が通りやすい時と言えますので、開業なども含めて決断をした方がいいタイミングとなるでしょう。

次の時期は卒業後から25年以降、定年を視野に入れて検討する時期です。

一医師として患者と向き合うよりも、管理職、指導者として活動する機会が増える頃ですね。

この時期にはそういったポジションを狙っての転職機会が多くなります。

最後の検討時期とも言えますので、ここでも慎重に考える必要があると思います。