続いては、医師が民間病院に転職を検討するための一つの材料として、現状はどうなっているのかということについて、少しご紹介をしてまいります。

民間病院お給料事情について

まず、一般的な話となりますが、大学病院と比較した場合には民間病院の方がお給料が高いという傾向がありますが、例えば過疎地域の病院や、あるいは人の少ない診療科目となってくると、更にお給料が高くなるというのが今の現状です。

そもそも需要は一定以上あるものの、極端に供給が足りていない地域や診療科目も多く、こういった問題はしばしば地域の医療圏問題として取り上げられることがある事案です。

こういった状況はまだ当面解決の目途もたっていない為、転職の目的が単純に収入の増加なのであれば、僻地での勤務、人が足りていない医療機関を狙うのもいいのではないでしょうか。


地域医療の取り組み

また、民間病院を語る上で外せない話題の一つに地域医療の取り組みというものがあります。

地域へと貢献したいという方が若い方を中心に増加しているというのも見逃せないポイントです。

今後、都市部への一極集中型から地域医療への回帰が将来的に起こる可能性もあるのではないでしょうか。

現状の状態では想像もつかないようなことではありますが、地域医療に差す一筋の光になるのも一つの有意義な働き方と言えるでしょう。