さて、先ほど少し述べた内容と重複するところが出て来るかもしれませんが、今回の記事では民間病院への転職を目指している医師の方がどのように年収をうまくあげるような形で転職をすればいいのか、その気をつけるべきポイントについて少しお伝えしてまいりたいと思います。

医師不足地域の存在

まず一番重要なポイントとしては、やはり医師不足地域の存在です。

同地域では勤務医をしっかりと確保する為に、待遇を良くする努力を行っています。

年収が高いのはもちろん、勤務に関する諸条件も都市部で医師が集中しているエリアとは大きく変わってくるのではないでしょうか。

地方になってくると、医師の地域への定着を図る法人なども多くなってきますので、必然的に待遇は全体的に良くなってきます。


医師のニーズが非常に高い地域の存在

こういった場所では医師のニーズが非常に高いわけですが、例えば単身赴任であれば自宅に帰る為の交通費を負担してくれるなど、福利厚生も充実しているところも多いようです。

住宅補助や交通費の扱いなど、給与の額面だけでは計れない部分も出て来るでしょう。

また、医師不足地域は地方に集中していると考える医師の方も多いと思いますが、意外にも都市部で同様の地域というのも多数存在しています。

年収アップを目指すのであれば、このような情報はしっかりと意識して行動したいところですね。