民間病院への転職を検討しているのであれば、実際に働いた際に頂くことのできる収入がどの程度になるのかが気になってきますよね。

医療機関によって大きく状況が変わる

民間病院における収入ですが、一般的な医師の平均年収としてはおおよそ1100万円前後になると言われています。

また、参考までに公立病院での勤務であれば平均の金額は1500万円前後になると言われています。

大学病院系よりは収入が高くなる傾向はあるものの、公立病院ほどの収入にはならないというのが平均的な値から分かることでしょう。

ただ、先の記事でも申し上げた通り、民間病院を選択する場合には実際に勤務をする医療機関によってその金額1つをとっても大きく状況が変わってきます。


求人情報を参考にする

医師が慢性的に不足しているような地方の僻地などで求人情報を探せば、明らかに給与の高い案件が幾つもみつかることでしょうし、医師不足が慢性的に起きている医療機関、あるいは診療科目を選択することでも同様の結果が得られると思います。

大学病院での勤務であれば、目の前の収入よりもスキルアップなどを目指される方も多いと思いますが、民間になってくると労働環境や待遇の改善を目指される方が多いと思いますので、こういった情報もぜひ参考にしていただければと思います。